宇久井海と森の自然塾運営協議会とは

本会は、平成16年5月に発足。会員113名(平成28年度現在)。

吉野熊野国立公園宇久井を拠点として、豊かな自然と地域の風土にふれあえる場とするため、自然ふれあい活動の推進及び適正な公園利用の普及啓発活動を実施し、地域の発展に寄与することを目的としています。

自然塾は、宇久井ビジターセンターを拠点として、周辺国立公園において自然に親しんで頂けるイベントを実施しています。

活動内容

  • 吉野熊野国立公園内宇久井の管理に関すること
  • 自然ふれあい活動の推進及び普及啓発活動に関すること
  • 自然情報の収集、提供に関すること
  • 環境保全活動に関すること
  • 地域との交流に関すること
  • その他、目的を達成するために必要なこと

宇久井海と森の自然塾運営協議会のページへ

ページトップに戻る